旅日記、四国地方東部/徳島~高知

鳴門から高知まで

四国観光Photo INDEX へ


2012年11月 1日 (木)-3日(土) 海辺の道を行く・四国南東部

リストラの嵐に吹かれ、浮世を彷徨い、藁をもすがる思いで職業訓練に通ったが、労働へのエントリーは「資格、技能習得より年齢だと」思い知らされた。
車中泊、道の駅など、車をテント代わりに放浪の旅に出てみようと、波に流されるように波打ち際を彷徨ってみる、4年近くの細切れの放浪旅で出会ったファインダーの残像を振り返ってみた。

今回は、2泊3日で四国の東部を回る、徳島の鳴門から高知の南国まで、なるべく海に近い所を通ってゆっくりと行く。

Photo_2

朝準備をして出発したので、四国に入ったのが1日の午後1時頃になった、南国ICより高速で帰途についたのが3日の午後の3時過ぎである。

ふら~っと回っていくには、時間がどれほどかかるか分から無いし、宿は" ⁇ "いので泊まれない、行き当たりばったりで所構わず泊まれることが出来ないと回れない、車中泊は必須の項目である。

 

---2012年11月1日---

徳島県、鳴門市鳴門公園


徳島鳴門、鳴門公園

兵庫県の淡路から四国に行くには鳴門大橋を通ってはいる、最初は鳴門になる、鳴門は渦潮で有名である。

エスカヒル鳴門は、標高90mの鳴門山山頂の展望台と直結した長さ68mの超ロングなエスカレーターがある、エスカレーターを使わず歩いて展望台まで行く事は出来る。
展望台と展望台の入り口、駐車場のすぐ前である。

Maruto_9880

展望台に続く、なが~いエスカレータ。
乗っていると、足の乗せている所が前掲しているような錯覚になる。

 

徳島県、徳島阿波おどり空港から蒲生田岬


徳島、徳島阿波おどり空港他

四国徳島の玄関口の徳島阿波踊おどり空港は、徳島市と鳴門市の中間の板野郡松茂町にある。
海岸線近くに位置しており、南側にはコテージ施設などの有る月見が丘海浜公園が、北側には月見が丘テント村が有る。

空港の入り口では、阿波踊り像がお迎えいたします。

Awaap_9950

月見が丘海浜公園のビジターセンター、公園内は広く散歩をしている人、また、周りは海になっており釣りをしている人も見受けられます。

Awaap_9923


道の駅、公方の郷なかがわ(阿南市)

徳島阿南市にある道の駅、公方の郷なかがわは、国道55号線沿いに有り広い、道の駅と、JAとれとれ市が併設されている。
国道にかかっている案内の道路標識です、国道には中央分離帯が有るので、北進の車は交差点を右折して入る事になる。
右手が道の駅、左手がJAとれとれ市で、トイレ、観光案内は右手の建物にある。

Nakagawa_9951


徳島阿南、蒲生田岬と温泉

四国の最東端が蒲生田岬である、岬近くに「かもだ温泉保養センター」が有る、岬の高台で見晴らしがいいとの事で向かったが、道を間違え明るいうちには着かなかった。

一つ北の半島の細~い海辺の山道を行く事になる、舗装はされているが狭い、林道を走るよりスリルがある。

Kamodaroot

間違った原因は分岐時の道で、本来の道が狭いが間違った道は2車線の道であり、2~3台が通っていったので勘違いした。
2車線の道も海岸線を行くにしたがって狭くなり、山の中に入る頃には狭い道に成る。

Kamodap3150

蒲生田岬のモニュメント、着いた時は当然真っ暗、灯台には行く勇気は無かった。
モニュメントに懐中電灯を照らし地球を三脚変わりにして撮りました、対岸の明かりは和歌山県の御坊・田辺あたりでしょうか、それとも船の明かりでしょうか?。

Kamoda_9959

トップへ戻る

---2012年11月2日---

徳島県、道の駅日和佐、日和佐城、竜宮公園


道の駅、日和佐(徳島県海部郡)

徳島県海部郡美波町の国道55号線沿い、日和佐駅横に道の駅、日和佐がある。
道の駅前の国道を挟んでコンビニが、近くには日帰り温泉の薬王寺温泉が、道の駅内には足湯がある、駐車場も広く車中泊には良いかもしれない。道の駅から薬王寺が見える、薬王寺温泉は薬王寺の手前になる、温泉は13時から21時迄なので注意が必要。

駐車場は国道と建物の間にあり、結構広い、FreeSpotもあります。

Hiwasa_9965


徳島日和佐、日和佐城

道の駅、日和佐から東の方に日和佐城が見える、日和佐城は城山と呼ばれている標高65mの小丘の山頂にある、現在は無料で開放されている。
道の駅方面から見た日和佐城です。

Hiwasa_9985


徳島日和佐、竜宮公園

日和佐城から国道へ出る途中に「竜宮公園」の道路標識が有る、竜宮公園の名前につられて行ってみると。
大きめの普通の公園でした、右の方には体育館が有ります。

Ryugu_0008

遊歩道が有るようで、城、展望台などが回れるようです。

 

徳島県、南阿波サンライン海岸と道の駅宍喰温泉


徳島美波町、南阿波サンライン

日和佐から国道55号沿いに南下すると、海岸線を通っていく「南阿波サンライン」がある、サンラインには4カ所の展望駐車場が有る。
道ノ駅、日和佐から3Km程行った所に阿波サンラインに入る道が有る。

Sunline_0013

Sunline_0016


徳島美波町、南阿波のモビレージ

南阿波サンラインから所々海岸に下りる道が有る、その一つに南阿波サンラインモビレージに下りる道が有る。
南阿波サンラインモビレージは、山と海に囲まれた静かなコテージがある宿泊施設です。

宿泊用のコテージ群。

Sunline_0030


道の駅、宍喰温泉(徳島海部郡)

徳島県と高知県の県境近く、徳島県側海陽町に道の駅、宍喰温泉が有る。
室戸阿南海岸国定公園のほぼ中央に位置する所に有り、敷地内にあるホテルには温泉も有ります。

国号を室戸方面に走っていると右手にあります、国道を挟んだ目の前には黒潮踊る太平洋が有ります。

Sisikui_0053

 

高知県、東洋町から室戸岬


高知東洋町、海岸線の国道55号

高知県に入って室戸までの国道55号線は、海岸線沿いに南下していく。

室戸岬は、ジオパークとしても有名です、見どころも沢山あります。
室戸ジオパークの公式サイトです。
見どころやモデルコース等も案内されています。

伏越ノ鼻、右の道を下りると海岸にでる、漁港が有ります。

R55_0059

海岸には波が荒いので、丸く削られた石が沢山あります。

R55_0064


高知室戸、シレストむろと

室戸岬近くに、シレストむろとがある。
シレスト室戸は、海洋深層水を使った健康増進施設で、温水プール、温泉が有る、温泉に入って室戸岬に寄る事にする。
車中泊の良いは、時間に束縛されないのでいつでも休憩できるし温泉にも時間を気にしないで浸かれる。

入り口には「日帰り入浴」の案内もある、温泉はちょっぴり塩辛い。

Siresuto_0089


高知室戸、室戸岬

四国東部の最南端が室戸岬になる、四国の最南端は足摺岬でかなり南になる。
中岡慎太郎象、国道沿いのインフォメーションセンター横に建てられている。

Muroto_0120

岬の海、岩は黒っぽい。

Muroto_0115

 

高知県、室戸岬灯台と室戸岬サンライン山頂展望台


高知室戸、室戸岬灯台

室戸岬の高台に室戸岬灯台がある、運の良いことに2~3日が灯台祭りで灯台に入れる、夕日が灯台から見れるとの事だったので時間を置いて再度出直した。
夕暮れ前の灯台、当然明かりは入っていない。

Muroto_0150


高知室戸、最御崎寺(東寺)

室戸岬灯台の北側に、第二十四番札所の最御崎寺が有る。
**四国八十八カ所のホームページです。

お遍路さんを最初に迎える山門です。

Hitumisaki_0154

山門を通して本堂が目に入ります、本堂のさらに北に行くと「へんろセンター」が有ります。


高知室戸、室戸スカイライン

室戸岬の少し西側から、最御崎寺・室戸岬山頂展望台などを通って室津に至る峰を室戸スカイラインが通っている。
国民宿舎、結婚式場、キャンプ場等の後が有るが、今は閉鎖されているようである。

国道55号線を走っていくと道路案内が出ています。

Murotoetc1

トップへ戻る

---2012年11月3日---

高知県、道の駅キラメッセから道の駅南国


道の駅、キラメッセ室戸(室戸市)

道の駅は徳島県の宍喰温泉を最後に、国道55号線沿いには鳴門岬までの間には無い、鳴門岬を過ぎて高知方面に行くと道の駅、キラメッセ室戸が初めてである。
昨日の室戸岬灯台からキラメッセ室戸に来て食遊鯨の里で、鯨のタッタアゲでお腹を満たし、キラメッセで車中泊となる。
朝起きると、京都からバイクで来た人、群馬から来た人も宿泊していたようで話が盛り上がった。

道の駅には、北から直販の楽市、鯨館、食遊鯨の里の3つの建物が国道の海側にある。

Kiramesse_0209

鯨館の正面に鯨がいる。

Kiramesse_0207


高知室戸、羽根岬

キラメッセ室戸から少し行くと羽根岬がある、羽根岬周辺は大昔に海底だった場所なのです。
だから、貝の足跡(おおきなミミズみたいなやつ)や、水の流れの痕(リップルマーク)があるそうです、あ~残念最初に知っていたら探したのに。

Hane_0239


道の駅、田野駅屋(高知安芸郡)----高知県、道の駅田野屋駅と田野町内散策

高知県の安芸郡に田野町がある、田野町には田野駅が有るが、田野駅と国号に挟まれて道の駅、田野駅屋が有る。
国道沿いにの北側に有ります、道の駅の看板が出ています。

Tanoeki_0243


高知田野町、岡御殿他

高知県の田野町には、維新に関しての史跡が沢山あります。
岡御殿、藩主の宿泊所として建てられた書院造りの建物、溜りの間、便所、湯殿やその家具に至るまで完全に保存され、当時の建築様式がそのまま残されている。

Tano_0253

福田寺、二十三士の墓が有る。

Tano_0278


高知田野町、二十三士温泉

田野町には、維新の志士、二十三士にちなんだ温泉が有る、二十三士温泉である。
二十三士温泉は、湯がすごくヌルヌルする湯でとても気持ちいい、湯は無色透明だけど湯舟の底や壁は赤茶色の付着物がついている、塩気があり辛い。レストランも有り、宿泊もできる

***一時閉鎖、たのたの温泉として復活(2015年9月)

23sip3697


高知安芸、大山岬(洞窟喫茶)

田野町から高知市方面に国道55号線を行くと大山岬、浜千鳥公園が有り、大山岬は国道から海辺を通る道がある。
海辺の道には、喫茶岩屋ある、前は太平洋、後ろは洞窟で、喫茶店からの眺めはいい、喫茶店の近くにはトイレもあり清掃も行き届いている。

Ooyama_0298


道の駅 南国

海岸沿いの道からは離れるのだが、高速で帰る途中にあった道の駅、南国です、道の駅大山からここまでに、道の駅、やすが有るのだが看板は有ったが通り過ぎてしまったようである。

奥が道の駅南国、手前が直売所の風の市で11月3日は何かイベントが有ったのでしょうか車は満杯でした。

Nangoku_0322

トップへ戻る


ひょうごのーと記事より抜粋

ぷ~太 放浪記

  • リストラの嵐にもてあそばれて放浪の旅に!
    ファインダーを覗くと、チョッピリ感動のスライドショーがあらわれた。

    googleフォトアルバムについて
    表題横の(googleアルバムへ)で別ウィンドウが開きます、大きなサイズが置いてあります。

    ぷー太の放浪記
    --ひょうごのーと へ--
無料ブログはココログ